法定相続について親族内の優劣は?子どもや兄弟姉妹の順位とは?

ある程度の資産をお持ちの方が亡くなって、その方の配偶者、親、子どもや孫、ひ孫、兄弟姉妹、甥、姪、従兄弟などがいらっしゃる場合、誰がどれだけ相続できるのかを決めておかないとトラブルになってしまうことは想像に難くありません。

そこで今回は相続の基本、法定相続人の順位についてのご説明いたします。

配偶者は常に法定相続人になります

どんな場合でも、配偶者は常に法定相続人になります。
残された法定相続人が配偶者だけの時はもちろん100%相続しますし、他に子どもや兄弟姉妹がいれば、そのケースの割り合いに沿って遺産相続をします。

法定相続人は①子ども、②親、③兄弟姉妹の順番となります。

配偶者と子どもたちの場合

配偶者は二分の一、子どもは残りの二分の一を子どもの人数分で割った分だけ相続します。
例えば、配偶者と子ども2人が残された場合、配偶者は二分の一、子どもは二分の一×二分の一で、1人四分の一ずつ相続します。

子どもも孫もいなければ親が相続します。

配偶者がいなくて両親がいる場合、親がそれぞれ二分の一ずつ相続します。
配偶者と親がいるなら、配偶者は三分の二、親は三分の一を相続します。

子ども、孫、親や祖父母もいなければ兄弟姉妹が相続します。

配偶者は四分の三、兄弟姉妹は四分の一を人数分で割ります。

順位のパターンは様々です。

相続には代襲相続というものがあります。本来相続人になるべき人が、被相続人の死より前に亡くなっていたり、相続欠格や相続人排除で相続権を失った場合に、その人の子ども、孫、ひ孫、あるいは兄弟姉妹の子ども(甥や姪)が相続することを言います。

配偶者と従兄弟が残された場合

配偶者のみ、100%相続します。

配偶者と子ども2人と親が残された場合

配偶者は二分の一、子どもは二分の一×二分の一で四分の一ずつ相続し、親は相続しません。

配偶者と養子が残された場合

配偶者は二分の一、養子も法定相続人なので残りの二分の一を人数分で割ります。養子が1人の場合は二分の一をそのまま相続します。

配偶者と養子ではない連れ子と親が残された場合

配偶者は三分の二、養子ではない連れ子はなし、親は三分の一(親が2人の場合は六分の一ずつ)相続します。

前妻の子と後妻の子が残された場合

どちらも法定相続人なので二分の一ずつ(複数いる場合は人数分で割る)相続します。

認知した子どもと配偶者との間の子どもが残された場合

どちらも同じ権利を持つ法定相続人なので二分の一ずつ(複数いる場合は頭数で割る)相続します。昔は認知した子どもの受け分が少なかった時代もありましたが、今ではそれは差別につながるという考え方から、同等の権利を持てるようになりました。

配偶者と親1人が残された場合

配偶者は三分の二、親は三分の一を相続します。

配偶者と両親が残された場合

配偶者は三分の二、両親は三分の一を二で割るので六分の一ずつ相続します。

両親と兄弟姉妹が残された場合

両親は二分の一ずつ相続します。兄弟姉妹の取り分はありません。

配偶者と兄弟姉妹が残された場合

配偶者は四分の三、兄弟姉妹は四分の一を人数分で割ります。

兄弟姉妹だけ残された場合

人数分で割って相続します。

配偶者と孫と親が残された場合

子どもが亡くなっている場合は孫が代襲相続人となるので、親の相続分はありません。
このケースでは配偶者が二分の一、孫が二分の一(複数いる場合は頭数で割る)、親の相続分はなしです。

配偶者と子どもと孫その①

配偶者は二分の一、生きている子どもは二分の一×二分の一、亡くなった子どもの子(代襲相続した孫)は二分の一×二分の一となります。

配偶者と子どもと孫その②

配偶者は二分の一、生きている子どもは二分の一(複数いれば人数分で割る)、生きている子どもの子ども(孫)は相続権はなしです。

配偶者と祖父母と兄弟姉妹が残された場合

配偶者は三分の二、祖父母は三分の一×二分の一ずつ、兄弟姉妹には相続分はなしです。

配偶者と甥や姪が残された場合

配偶者は四分の三、甥や姪は代襲相続で四分の一を頭数で割ります。

配偶者と兄弟1人と甥や姪その①

配偶者は四分の三、兄弟は四分の一×二分の一、甥や姪が亡くなった子どもの子である場合は代襲相続で四分の一×二分の一です。

配偶者と兄弟1人と甥や姪その②

配偶者は四分の三、兄弟1人は四分の一、甥や姪が生きている子どもの子である場合は相続分はなしです。

配偶者とひ孫と親が残された場合

配偶者は二分の一、ひ孫は代襲相続で二分の一、親は相続しません。

配偶者と甥や姪の子どもが残された場合

配偶者が100%相続します。

まとめ

家族内での揉め事が少ないようにと、様々なパターンでの相続の権利が法律で決められています。
当窓口では相続に卓越した各専門家が連携し、お客様の状況にあわせたシミュレーションが可能です。

無料相談も実施しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。